スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
1971年の多バンドラジオ その2
★こちらは珍品です。

二光通販といえばテレビショッピングで
一時期有名でしたが
もともとは印刷媒体の通信販売業者でした。
扱い製品の中に楽器などのほかに
電子機器がかなりありました。
今回は1971年というかなり昔の時代に
バーニアダイアルで選局という
周波数無表示というすごいスタイルの受信機です。

144~153MHz帯の業務無線を
金庫のダイヤルのような減速ギアによって
左右に回して選局します。
周波数は分からないので
数字のどの当りで何が聞こえる…とメモする必要が。

ダブルスーパーなので警視庁も聞こえたことでしょう。
23000円という価格は当時でもかなり高価でしたが
他に聞ける受信機が無かったので
ダブルスーパーシンプルシングルVFOという
ローテク受信機でも高価値だったのです。





クリック拡大








スポンサーサイト

テーマ:無駄知識 - ジャンル:サブカル

【2007/03/20 20:55】 | なつかしの受信機関連 | トラックバック(0) | コメント(0)
1971年の多バンドラジオ その1
★無線雑誌のCQ誌から引用しました。

1971年昭和46年4月号の本誌内広告ページから。
多バンド受信機は
現在ではVHF/UHFでの多バンドタイプが
当たり前になっていますが
この当時は短波帯が中心でした。
しかしその中の一部の製品にアメリカで人気の出ていた
144MHz帯が聞けるタイプが
既に発売になっていたのを見付けました。
アメリカでも144MHz帯に警察無線があったために
PB(Police Band)受信機と呼称していました。
このような箱型多バンドラジオのPB対応製品は
大半がシングルスーパーでした。
私も早くから購入して聞いていました。
150MHz帯業務無線の受信状況ですが
シングルスーパーでは聞ける帯域が広すぎ、
警視庁のような狭い帯域に何波もあるものは分離できず
ゴーっというノイズのようになっていました。
しかし多少交信頻度が少なく、
周波数の離れていた148MHzの県警無線は、
なんとか聞こえました。
そこで東京に居ながら神奈川県警を毎日聞いていました。
その後ダブルスーパータイプを追加で購入しました。




クリックで拡大します





テーマ:レトロな思い出 - ジャンル:サブカル

【2007/03/20 20:46】 | なつかしの受信機関連 | トラックバック(0) | コメント(0)
諸行無常のレトロ世界


★昭和の香りを残すレトロなものには「諸行無常」観がつきまといます。残るも消えるも天国であり地獄でもあります。老残か在るを愛でるか、見る人に委ねましょう。

FC2カウンター

プロフィール

aatw

Author:aatw
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。